娘の発表会。

今日、娘が帰ってくるなり、『発表会の劇が決まったよー!』と。
毎年恒例の発表会。
各クラスそれぞれの演目があり、先生方が衣装や被り物を作って下さり、親子共にとっても楽しみにしている行事の一つです。

つい先日運動会が終わったと思ったらもう発表会の練習に入るらしく、今日はその演目が決まったとのこと。
娘のクラスは『ジャックと豆の木』に決まったそうです。

女の子の役どころは、ジャックのお友達のメアリー、女神様、ジャックのお母さんの三役。
私自身何となくお話の内容は記憶にあるものの、それぞれの役どころがどんな感じで出てきたのか詳しくは忘れてしまいましたが、何やら娘は女神様の役をやりたいそう。

何の役を演じるのかは、まずは希望を取るようですが、設定人数より多ければくじ引きになるようで、娘はくじを引く日までドキドキだぁ、、、と落ち着かない様子。

親としては、幼稚園に入るまでずっとパパやママにべったりで、公園に行ってもなかなかお友達の輪に入っていけなかった娘が、ステージに立って何かの役を演じるというだけでもう感無量です。
想像しただけで泣けてきそうですが、当日まで涙は取っておこうと思います。

金曜日のくじ引きまでドキドキの娘。
決戦は金曜日!!何の役になっても、全力でがんばれーっ!!